宮前区・高津区の地元主婦が「おススメ!」の場所を取材!

Shimaクッキングスタジオ(溝の口)

Shimaクッキングスタジオ(溝の口)

今日は、じもたんメンバーのひろりんが8年通っているというお料理教室

「Shimaクッキングスタジオ」

にお邪魔しました!

何をかくそう、私(=みみ)はお料理教室が大好き!
といっても、その場楽しんで、おしゃべりして、いっぱい食べて、
結局夕食にはいつもの慣れた料理が並ぶことが多いという劣等生ですが…。
(家族は、お料理教室の恩恵受けず…。)

洗足学園にほど近いご自宅がクッキングスタジオ。

「今日はよろしくお願いします!」と、キレイに片付けられた玄関を入ったら、

いらっしゃい!と迎えてくれたのは、ハロウィンのお人形たち。
と、もちろん笑顔の島 暁美(しま あけみ)先生。
他にも、部屋のあちらこちらにハロウィンの飾り付けが!どれもステキです。

ひろりんによると、島先生のお宅は、季節ごとの飾り付けが素晴らしくステキで、
それを見るのも楽しみの一つだとか。

まずは、本日のメニューの内容と大まかな手順について、説明を受けます。
(チェックのシャツの女性が島先生)
わくわく、今日のメニューは何かな?

本日のメニューは、題して
「バル風のカジュアルランチ」

●あさりスープのパエリヤ ●タコとポテトのガーリックオイルかけ 
●ピピラーナ(野菜の角切りとツナのサラダ) ●ガスパチョのチョコ仕立て

さっそくクッキングスタート!
お料理は分担制になっていて、私は「あさりスープのパエリヤ」を担当することに。
ひろりんは、「ピピラーナ」を作ります。

人前で包丁を使うのは、ちょっとドキドキ。うまく切れるかな?

キッチングッズもオサレですね~。ルクルーゼやストウブのお鍋が並びます。
赤で統一されているところが、また可愛い!

キッチングッズが可愛いと、気分が上がるネ!

だいたい出来上がったところで、味見!うん、おいしい!

アサリとチキンの旨味がギュー〜!

ひろりんの作った「ピピラーナ」はカクテルグラスに入れる模様。なるほど~。

盛りつけ方も味のうち〜。参考になります。

お料理がだいたい完成したところで、島先生とアシスタントを務める鈴木さんが、
手際よくテーブルセッティングをしてくださいます!
島先生は、テーブルコーディネイトも勉強されているので、とても参考になります。

息の合うおふたり!みるみるうちに美しいテーブルへ!

ご覧ください!このウフフなテーブルを!
ワイングラスに入っているのは、自家製サングリア。美味しくて、おかわりしちゃいました。
パエリヤはアサリの旨味が凝縮されていて、おコゲが香ばしい逸品。
ピピラーナはシャキシャキとさわやか。タコとポテトのガーリックオイルかけは、
カリカリのガーリックとタコの歯ごたえがたまりません。

まさにバル風。スペインの風が吹いてくるようです!

食後には、冷蔵庫で冷やしておいた「ガスパチョのチョコ仕立て」が登場!
濃厚ながら甘すぎず、のどをつるりと通りすぎていきます。

クーベルチュールチョコレートを使うのがポイント!

ふ~満腹。となったところで、コーヒーをいただきながら、島先生にお話を伺いました。

「ねえ、教えてよ」と最初に言ったのが、鈴木さんだそうです!

じもたん:クッキングスタジオをはじめたきっかけを教えてください。

島先生:私「料理が好き」という以上に、「いっしょに作って、いっしょに食べる」
    ということが大好きなんです。お友だちとそんな風に過ごしているうちに、
    いつのまにか、レッスンを始める事になりました。

じもたん:お料理はどうやって勉強したんですか?

島先生:10年ほど前、横浜の「フルタニ マサエ」先生が主催される
    「マダムマーサ クッキングスタジオ」に通いはじめたんです。
    当時娘もまだ小さくて、主人の休みの日に娘の面倒をみてもらう感じで
    スタートしました。

    家庭の料理と習う料理ってやっぱり違うんです。
    勉強してみて、知らないことやできないことが多いのに、びっくりしました。

じもたん:理解あるダンナ様!でも、お料理上手な奥さまは、自慢できますよね~。
     会社の方も来られたりするんですか?

島先生:そうですね。会社の方をお招きしてホームパーティをすることもあります。

活動の幅がひろ〜い島先生

じもたん:今日のテーブルコーディネイトもステキでした。
     かなりコダワリを感じるんですが…?

島先生:テーブルコーディネイトは5~6年前から「ひがしきよ
    み」先生にお習いし、お仕事もさせていただいていま
    す。
    また「フルタニマサエ」先生のアシスタントとして、     本、雑誌、HP、テレビの撮影やメニュー開発などをさせ
    ていただいたり…。

    最近、アシスタント仲間と「リトルマーサ」というユニットを立ち上げました。
    今は子どもの料理教室を開催したり、勉強会を開いたりしていますが、
    これからは、撮影やスタイリングなど、幅を広げていけたらいいな、
    と思っているんです。

じもたん:クッキング教室のメニューはどうやって考えるんですか?

島先生:そうですね。まず、皆さんがすぐに作れるもの。それから、自分
    がおいしいと感じるもの。組み合わせは、料理の手順も考慮して決めます。
    あと女性なので、デザートは外せませんね。

最後に、これまで生徒さんから評判の良かったメニューを尋ねると、

「タコライス」「トマトのスープ」「アボカドと生ハムのスティックフライ」
「手作りベーグル」「グレープフルーツソルベ」など、

おいしそうなものがたくさん飛び出しました。

じもたん仲間のひろりんは、こちらで習った「鶏そぼろ」「シュークリームタワー」
をよく作るんだって。

さあ、次回はXmasメニュー!
どんなメニューが登場するのか、お部屋の飾り付けはどんな感じになるのか、
とても楽しみです。

今は「6レッスン/1テーマ」のペースで教室を開いている島先生ですが、
今後はもっと増やしていきたいそう!

オシャレでおいしくてハッピーな気分になれる「Shimaクッキングスタジオ」
1回きりの参加もオッケーなので、ぜひ一度体験してみませんか。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「Shimaクッキングスタジオ」

place:溝の口駅徒歩10分
mail:a/shima/a@t.vodafone.ne.jp
price:¥3,500〜¥4,000/1レッスン
※スクール開催は「6レッスン/1テーマ」。詳しい日時についてはメールでお問合せください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

              (記事:みみ 写真:みみ&ひろりん)

コメント

  • このコメントは管理者による承認待ちです。




認証コード8995

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional