宮前区・高津区の地元主婦が「おススメ!」の場所を取材!

【kids】料理家・そがまゆみさんを取材!

【kids】料理家・そがまゆみさんを取材!

料理家のそがまゆみさんを取材しました!

そがさんは、栄養士やお料理の先生をされていますが、
和食、とりわけ「みそ」にこだわりを持っておられる方です。

自宅には17種類ものみそがあるというのだから驚き!

それを毎回、体調に合わせてブレンドして
みそ汁を作るというのだからさらに驚き!!


ところで、そがさんが持っている白い紙。
どこかで見たことがありませんか?(見えないか・・・(^^;)

献立表は、栄養士さんの知恵と汗の結晶!

そう、川崎市の小学校の給食献立表。

「栄養士はどんなお仕事をしているのですか?」

というkidsの質問から登場したのですが、

普段、何気なく見ているこの献立表、
実は、栄養士の方々の知恵と汗の結晶なのだそうです。

子どもの嗜好を加味しつつ、
カロリーやタンパク質などの様々な栄養を
必要量以上摂取しないよう綿密な計算をしつつ、

そして、メニューのバランスを踏まえながら、
考えていくのだそうです\(◎o◎)/!

今度から献立表を見る目が変わりそうです。

そのほか、お料理上手になるコツとか、
ふだんの料理で心がけていることなど、
お料理をすることに関する質問が多かったのですが、

kids達、そがさんから聞いた話を
お家で活かしてくれるかしら・・・(^^;?


さて、取材の後は、待ちに待った「みその味比べ体験」タイム(^^)
ご飯もつけけていただき、試食スタート!

おひつに入ったごはんだぁ~!

そがさんの家にある17種類のみそのうち
この日は7種類のみその味比べをしました。

そのみそのお味、どう?

色も、原材料も産地もそれぞれ違うみそ。

「米麦合わせが一番おいしい!」
「こっちの方があまい~」
「赤みそは、あんまり・・・」
「え、赤みそおいしいよ~」

と、しっかりその舌でみその違いを体感した後は、
自分が好きなみそを2つ選んでブレンドし、
インスタントマイみそ汁を作りました。

     これに         お湯を注いで混ぜるだけ
かつお節とみそと乾燥わかめなどワカメ入れ過ぎた~という子も。乾燥ワカメは膨らみますから(-_-;)

「おいしい~~~~♪」

パスタとか、ケーキとか、プリンの感想ではありませんよ。
みそ汁の感想です。

簡単だけどおいしい、このみそ汁、
子ども達はよほど気に入ったようで、

取材後、近所で会ったkidsはみな一様に

「おみそ汁作った!」「今日作る!」

と言っておりました。

みそ&みそ汁で、
こんなにkids達の会話がこんなに弾むなんて・・・


みそというと、あるのが当たり前で、
食卓でも、恐らく主役になることがない食材だけに、
子ども達のあの喜びようはとても印象的でした。

日本人の血がなせる技なのでしょうか(^^)

今回の取材は、みそ再発見する機会になりました。
そがさん、どうもありがとうございました!

コメント

  • 日本の伝統の食材、味噌

    日本を支えてきた重要な食材である[味噌」を、日本の未来を担う子供たちの栄養から取り組んでこられたそがまゆみさん。 是非頑張ってほしいです。 日本の伝統の為に。 伝統は創るものです。 そして残されるものです。




認証コード6999

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional